相談

本当は怖い自律神経失調|頑張らなくていい

最先端の放射線治療装置

病院

臓器を残せる放射線治療

がんの治療法は手術、薬物療法、放射線治療の3つが代表的です。この中で放射線治療は手術のように患部を切除せず、全身に大きな影響が出ることも少ないため、体への負担が少なく高齢者にも優しいがん治療法とされています。治療にはX線、ガンマ線、電子線の3種が主に用いられます。これらの放射線が細胞のDNAに働きかけ、細胞分裂の能力を弱体化したり、細胞が自然に死んでいくアポトーシスと呼ばれる現象を強化したりします。正常の細胞よりもがん細胞に対する傷害の方が大きいため、臓器の機能を保持したままがん細胞を死滅させることができるという仕組みです。悪性リンパ腫や肺がん、前立腺がん、食道がんなど様々ながんを根治させるために用いられていますが、術前術後の補助療法、再発に対する治療法としても行われています。

がんを集中的に狙います

放射線を用いた治療法に「サイバーナイフ」という装置を用いた治療があります。サイバーナイフとはロボットアームの先端に小型の放射線照射装置を取り付けた最先端の放射線治療装置です。細い放射線を多方向から照射するため、内部のがん組織に集中的に放射線を当てることができ、正常な細胞への影響を最小限に抑えることができるのが最大の特徴です。サイバーナイフの治療中はX線モニターを用いて常時監視を行い、呼吸による動きや患者のわずかな動きを検出してロボットアームで補正します。ガンマナイフと呼ばれる装置と異なり、ピンで固定する必要がないため出血や痛みがなく体への負担が少ない治療法です。サイバーナイフは脳腫瘍や咽頭がん、肺がんなど様々ながんに用いられています。保険が適用される場合も多いため費用の面でも安心です。